『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『黄色い山手線???』
今日は・・午後から新宿までいってきました。

と、その帰りのこと。

階段を下りると・・ちょうど乗りたい電車が止まっていて。

ちょろっと、階段を駆け降りて・・発車までに余裕がちょっぴりあったので少し先のドアまで・・。と、ひょいっと飛び乗ると。

(・・?)

びえーーーぇ。(ToT)

飛び乗った真正面に小さい男の子を抱っこしたお父さんがたっておりました。

びえーーぇ。の正体はそのお父さんに抱っこされた男の子。

でも・・その泣き声は・・駄々っ子でないている感じではなくなんか・・思わず・・がんばれ!って、心の中で言ってしまうような・・なんかがんばってる感じで・・。うーーーーーん。語意の狭い自分が・・うーーーもどかしいやら情けないやら。

と、しばらくして・・

「のらない電車だから・・」と、お父さんの優しい声。
すると
元気な泣き声の息子くん:「きいろいやまてしぇん」ぐすぐす「きいろいやまてしぇん」ぐすぐす・・
父   :「山手線はこの電車だよ」
息子くん:ちょっぴり・・何かに気が付いたかのように・・少しだけ小さくごしょごしょの声の「きい・・ろ・い・・やま・・てしぇ・・ん」
父   :「黄色いのは山手線じゃないんだよ」
息子くん:「き・・い・ろい・・・・・」・・「・・」
と、鳴いていたカラスは・・どこへやら!!!

元気に違う話になりました。

息子君は・・きっと・・きっと山手線にのるといわれて・・降りたホームに最初に来たのが黄色い中央線だったのでしょうか?それが山手線と勘違いしてしまったのでしょうか。うん。

思ったものとは違う電車に乗せられて。

でも、お父さんのきちんと彼に合わせた話で・・違ったことにどことなく気が付いたかのごとく・・「きいろいやまてせん」の声がだんだん・・小さくなって。

泣き止ませることではなく・・息子君の心にそったお父さんの対応?に、なんだかとってもやさしい気持ちにしてもらった・・そしてなんだかうれしくもなってしまった・・駅一区間もない間ののどかな出来事でした。あい。

素敵なお父さんとむすこくんに乾杯(^^♪です。
【2007/06/17 00:50】 にっき | トラックバック(0) | コメント(9) |
<<久しぶりの更新・・です。 | ホーム | 明日は健診の日>>
comments
----
経験の浅い子供が、勘違いでパニックに陥っている時、やさしく支えてくれたり、諭してくれたりすると、安心したり、人を信じる心が増しますね。本当は子供だけではなく、同じ大人同士でも、そういう関係が結べて、信頼関係を築ければ、もう少し住み易くなるのにね♪
【2007/06/19 21:18】 URL | ぷりゅす #-[ 編集] |
----
その子は将来鉄ちゃんになるかも?
私だったらねすぐカチンときて怒ってるかも(^^;
冷静な対応のお父さん、素敵ですね♪
【2007/06/19 22:32】 URL | キムねえ #-[ 編集] |
--ぷりゅすさんへ--
本当にそう思います。うん。そうしたら世の中本当に平和なのに。うん。
信じること・・うん。この心を育てるのは・・やっぱり子どもの頃なのでしょうか?
この人生は自分で選んでくるといいます。でも・・やっぱり・・もう少しだけ素直心を持って生まれてきたかったなぁ・・って、思うこのごろです。へへ。
いつもありがとうございます。うん。
【2007/06/20 12:45】 URL | おひさま #Qpkjs.To[ 編集] |
--キムねえさんへ--
>その子は将来鉄ちゃんになるかも?
(^-^)うん。
本当にすてきなお父さんでした。
でも・・きっと私も・・どきどきして・・結局怒ってるかも^^;です。へへ。
【2007/06/20 12:48】 URL | おひさま #Qpkjs.To[ 編集] |
--おひさまさんへ--
その、泣くじゃくってた子は、うちの子じゃありませんでしたか???

子供の目線から、見えるものや色は、多少、大人と違うとこあるんですよ。 「子供の世界観」と言うか、なんと言うか・・・大人の私たちには、とうていそんな風には見えないのですあ、子供には、天使が見えるように、特別な「目」を持ってるのかもしれませんね。

大人には、どう見ても黄色。 でも、その子には、「黄色」なんですよね。 その時は、それでいいんですよね。 受け入れる、お父様のココロの広さと優しさが、私にも伝わりました。

親子でも「思いやる」キモチあれば、イザコザは起きないのでしょうね。 きっと。
【2007/06/20 22:52】 URL | まーキュリー #8D.n/ARA[ 編集] |
--まーキュリーさんへ--
実は・・そーたん思い出したんですよ。うん。でもなるべくみないようにしてあげなきゃって・・ふたりとも顔は確認せずで・・。きっと一生懸命でかわいかったですね。うん。(おとうさんごめんなさい)
「子供の世界観」は・・ほんとうに特別なんですね。きっと子ども自体が天使の目なんですね。うん。そんな天使に寄り添える(心が)そんな大人が溢れていれば・・ほんとうにイザコザは起きないですね。
・・「思いやる」気持ち・・自分の日常がいっぱいいっぱいで、あとで・・あ、思いやりがなかったな(;_;)って、気がつかされることのほうが多い毎日ですけれど・・そんな中でも・・忘れながらでも・・大切にしたいです。うん。(その時に気づける回数を増やしていけたらいいなぁです・・うん。)
【2007/06/22 12:38】 URL | おひさま #Qpkjs.To[ 編集] |
--やさしいお父さん--
人ごみで見るお父さん。
最近では「切れやすい」お父さんも多いですよね。
先日も泣いている子を「もういい!」と置いていこうとしているお父さんを、お母さんが止まるよう促していました。

そんな中、こんな優しいお父さんがいるって嬉しいですv-290
っていろいろな方のブログ見てると、優しいお父さんはいっぱいいるけど、実際会うのは逆パターンが多いので…

なかなか泣きわめく子を落ち着いて諭すって難しいものです。
特に自分も人ごみで疲れている時などね。
その男の子も大好きな電車、思ったのと違ったけどお父さんの優しいしゃべりに心穏やかになっていったのね。
良かったよかったv-441
【2007/06/26 22:48】 URL | るんば #TWlE09to[ 編集] |
--るんばさんへ--
お返事が遅くなってごめんなさい<m(__)m>
うん。人ごみのお父さん・・お母さん・・切れてる光景をよく目にします。うん。私も同じように置いていこうとしているお母さんを見ました。うん。
うん。本当に男の子はあっという間に心穏やかになっていって。私が降りる時は・・元気に一生懸命はなしていました。
泣いている子を諭せる・・お父さんもお母さんも感動します。うん。
【2007/07/03 12:11】 URL | おひさま #Qpkjs.To[ 編集] |
--管理人のみ閲覧できます--
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/07/05 00:41】 | #[ 編集] |
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://hidamari1112.blog56.fc2.com/tb.php/126-d8aea3e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。